ヤマウコギ(山五加木)苗 [大苗]

ヤマウコギ(山五加木)苗 [大苗]

販売価格: 1,200円(税込)

数量:

商品詳細

自然治癒力を高める生薬として
古くから利用されてきたウコギ科の山菜

大山山麓の明るい落葉林内や林縁の少し湿り気のあるところに自生しています。 手のひらのように互生した葉で、葉の縁は低い鋸歯がみられます。 枝先に黄緑色の小さな花を多数つけます。雌雄別株。

■ヤマウコギ(山五加木)基本情報

別名ウコギ、オニウコギ、エレウテロジンセン、シベリアジンセン
生薬名五加皮(ゴカヒ)
分類ウコギ科ウコギ属/落葉低木(樹高2〜4m)
分布北海道 本州 四国 九州
生育環境日向〜半日陰(少湿)
花期5〜6月
新芽収穫期春(4〜5月)
果実収穫期7〜9月
成分パルミチン酸、アラキン酸、リノール酸など
作用強壮、代謝促進、抗酸化、血液浄化、血圧降下、鎮痛
適応ストレス、疲労、食欲不振、精力減退、リウマチ、冷え、高血圧、疼痛

■ヤマウコギ(山五加木)育て方 日向から半日陰に向いています。強健で育てやすい木ですが、移植される場合は土に腐葉土などをすき込んでおくと良いでしょう。根張りが浅いので移植直後は夏場の乾燥に注意してください。

栽培難易度

■ヤマウコギ(山五加木)食べ方 春の新芽を摘み取り、軽く茹でてそのまま調理しますが、アクが気になる場合は塩湯でし、水で良くさらし、お浸しや和え物に使います。生葉を柄ごと薄く衣を着けて天ぷらにすれば、明るい緑が目にも爽やかな春の一品になります。成長した葉は、アクが強くなるので蒸したものを乾燥させお茶として、樹皮や果実は薬用酒になります。

■お届けするヤマウコギ(山五加木)苗について

規格

ヤマウコギポット苗

産地鳥取県西伯郡伯耆町
形状

樹高:0.8〜1m前後  ポリポット(直径20cm)

 ※注)山ウコギの雌雄判別は困難ですが、当社比では雌木(結実木)が70%程度です。

Facebookコメント