シシウド(猪独活)種子 [2018年採取種子]

シシウド(猪独活)種子 [2018年採取種子]

販売価格: 250円(税込)

(1mL):

商品詳細

大山山麓の日あたりがよく少し湿り気のある原野や、林縁に自生する大型の多年草シシウドの種子です。ヨーロッパでは「アンジェリカ」の名でケーキの材料として有名です。茎は中空で直立し、高さ1m以上になります。花は、茎の先端に大きなかさ形の花柄が四方に広がり、その先に小さな白い花が密集し、まるで打ち上げ花火のよに見えます。

■シシウド(猪独活)基本情報

別名シャク、シシカクシ、ヤマウド
分類セリ科シシウド属/多年草
分布本州 四国 九州
生育環境少し湿り気のある日向
花期8〜10月
新芽収穫期5〜6月
実収穫期9〜11月

■シシウド(猪独活)育て方 種まき床に播種し、本葉展開後ポットに鉢上げし、20〜30cmに成長したころ定植します。 山地の日当たりがよく少し湿り気のあるところが適地です。強健でとても育てやすい山菜ですが、乾燥に少し弱いので夏場の乾燥に注意しましょう。

栽培難易度

   ■お届けするシシウド(猪独活)種子について

規格山採り採取
産地鳥取県西伯郡伯耆町

■シシウド(猪独活)食べ方 ヨーロッパでは「アンジェリカ」と呼ばれ、新芽の砂糖漬けはケーキの彩りとして、秋に実る実はクッキーの材料として昔からよく使われています。新芽は少し苦味がありますが、それが独特の旨味になります。生のまま天ぷらにしても美味しく、茎の皮をむき葉と一緒に細く刻みかき揚げにしても美味。

他の写真

Facebookコメント