サンショウ(山椒)種子 [棘の少ない山林自生種]

サンショウ(山椒)種子 [棘の少ない山林自生種]

販売価格: 210円~29,800円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

規格:
数量:

商品詳細

古代より利用されてきた日本の代表的な香辛料で、観賞用にも人気が高い。


明るい落葉林内や林縁に自生する、香りが強く棘のほとんど無い山椒です。雌雄異株で雄:雌の割合は3:7程度で、棘のある木と無い木の割合は7:3程度です。春の新芽や、夏から秋に実る実を利用します。

■サンショウ(山椒)基本情報
別名ハジカミ
分類ミカン科サンショウ属/落葉低木(樹高2〜4m)
分布北海道 本州 四国 九州
生育環境日向〜半日陰
花期8〜10月
新芽収穫期春(4〜5月)
果実収穫期8〜9月

■サンショウ(山椒)育て方
10月又は3月以降に床に種を蒔き、葉が4〜5枚位で移植します。日向から半日陰に向いています。強健で育てやすい木ですが、根が弱く移植時には根を傷つけないよう注意します。移植される場合は土に腐葉土などをすき込んでおくと良いでしょう。サンショウは、根張りが浅いので移植直後は夏場の乾燥に注意してください。
栽培難易度

■サンショウ(山椒)食べ方
芽出し時期の4月〜6月頃の新芽を香りのものとして料理の添え物や魚料理のクサミ消しに、ピリッ!と辛い実はスパイスや佃煮などに利用します。

■お届けするサンショウ(山椒)種子について
規格1mL、1dl袋入り
形状山林採取
※注) 山椒の雌雄判別は困難ですが、当社比では雌木(結実木)が70%程度です。

他の写真

Facebookコメント