ノビル(野蒜)寄せ植え [ミニプランター(L37cm×W20cm)寄せ植え(5月〜10月まで休眠期で地上部は消失します)]

ノビル(野蒜)寄せ植え [ミニプランター(L37cm×W20cm)寄せ植え(5月〜10月まで休眠期で地上部は消失します)]

販売価格: 2,500円(税込)

(ミニプランター寄せ植え): セット

商品詳細

大山山麓で自然繁殖したノビルの寄せ植えです。ネギやニラの仲間で、独特の香りとピリッ!とした辛味など、野性味あふれる山菜です。根部の球根とも全草食用になります。

■ノビル(野蒜)基本情報
別名ヒルナ、コビル
分類ユリ科ノビル属/多年草
分布北海道 本州 四国 九州
生育環境日向〜半日陰
葉収穫期4〜5月
鱗茎収穫期周年


■ノビル(野蒜)育て方
日向から半日陰で、水はけの良いところが適地です。強健で育てやすい山菜ですが、過湿に弱いので梅雨期や、植栽地周辺の排水に注意しましょう。移植される場合は、元肥として土に腐葉土などをすき込んでおくと良いでしょう。ノビルは、早春から5月まで葉を伸ばし、夏季には葉がなくなりますが、9月頃から再び萌芽してきます。
栽培難易度


■ノビル(野蒜)食べ方
芽出し時期の4月〜6月頃の新芽(栄養葉)を利用し、根茎は年中利用 できます。生食できる数少ない山菜のひとつで、水洗いしてそのまま味噌を付けて食べたり、刻んでねぎのように薬味にも利用します。茹でると甘味が出て食べやすくなります。

■お届けするノビル(野蒜)寄せ植えについて
産地鳥取県西伯郡伯耆町
形状ミニプランター(L37cm×W20cm)


他の写真

Facebookコメント