オオバコ(大葉子)種子 [2019年採取種子 薬草]

オオバコ(大葉子)種子 [2019年採取種子 薬草]

販売価格: 250円~1,500円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

只今準備中。しばらくお待ちください。

商品詳細

大山高原の、空き地や道端に自生する多年性の植物で、「車前草」ともよばれ古くから葉や種子をセキ止めなどの薬草やハーブティーとして利用してきました。
草丈が低くとても強健で再生繁殖も良いため、グランドカバーや、草食動物の食草としての利用価値も高い。

オオバコには咳止め効果の他解熱作用、むくみの解消、利尿作用、腫れ物、ものもらいの症状の緩和、下痢止め、止血、強壮などの様々な効果があります。

オオバコ(大葉子)基本情報
分類オオバコ科オオバコ属
生育環境日向〜半日陰
花期4〜9月
オオバコ(大葉子)の育て方

種子は、芝と同じく直播でも良いですが、草丈の長い雑草が繁茂する場所ではプランターなどで育苗後に定植します。苗は、日向から半日陰であまり乾かないところが適地ですが、強健ですのでかなりの悪環境でも生育します。野草ですのであまり肥料は必要ありませんが、植栽前に有機系の元肥をすき込んでやると良いでしょう。 注:繁殖力が旺盛ですので、他の植物の繁殖をを害することがありますので注意しましょう。

播種時期3〜5月、10〜11月
オオバコ(大葉子)の利用法

オオバコの収穫は全草を収穫する場合は7〜8月、種子の収穫は9〜10月が収穫期になります。オオバコを収穫したら、水洗いをして日干しにします。種子を採取する場合は、収穫して乾燥させた穂をたたいて収穫します。

お届けするオオバコ(大葉子)種子について
規格1mL/10mL袋入り

Facebookコメント